人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

道具の話2

こんばんは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
先日改造して手帳に挿していたペンが、今日気が付いたら
変な臭いになっていました。原因は真鍮の酸化のようです。
d0162505_19143155.jpg
ピカピカに磨いてしまうとせっかくの艶消しの処理が
台無しになってしまうし、かといって放っておく訳にもいかず、
結果、スプレーでシリコンコートをして様子を見ることになりました。
抜群に描きやすい代わりに色々と手の掛かる子です。
明日は今年最後の塗装です。
by zanmaitei | 2011-12-21 19:14 | Comments(0)

道具の話

こんにちは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
今回はペンのお話です。
d0162505_16293963.jpg

スケッチ用のペンを、改造して作りました。
元になっているのはMATAPHISというブランドの3機能ペンで、
直径2ミリのノック式消しゴムを内蔵した、描き消ししやすく、また、細身で重心も
安定したモデルです。改造点は、まず剥がれやすい塗装をすべて剥がし、真鍮の肌を出します。
次に内蔵シャープペンを0.5から0.3に取り換え、ボールペンのインクを
ドイツ製のものに差し替えました。もともと良い重心をさらに微調整する為に胴体を削り、
グリップ部分に滑り止めの穴を開けました。最後に、母校の金沢美大の工房を借りて、
全体に艶消しになるように表面を加工し、渋く仕上げました。
使っているうちに真鍮の色が落ち着き、いつも握っている所だけに艶が出てきます。
愛着のある一本が出来ました。来年はこいつとスケッチをがんばりたいと思います。
by zanmaitei | 2011-12-17 16:45 | Comments(0)

絵本原画展

こんばんは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
今日は初雪の中、イタリア・ボローニャ国際絵本原画展へ行ってきました。
会場に入ってすぐに目を奪われたのは、
セピア色の紙に緻密な鉛筆画で描かれた写実的な絵でした。
作者はドイツのゾーニャダノウスキーという方らしいです。
最後まで見て回ってから、もう一度最初の展示室に戻って見直すほど気に入りました。
緻密な絵が好きです。特に鉛筆画ならなお大好きです。
緻密な仕事を見ると、うずうずと、自分も何か細かい事がしたくなります。
幼くから模型の世界に浸っていた影響かもしれません。
単にそういう性格なのかもしれません。わかりません。
ただ今回も、憧れる『緻密さの世界』に触れられた事で
良い目の肥やしになったと思います。
by zanmaitei | 2011-12-16 19:54 | Comments(0)
こんにちは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
足の付いた燭台、夜歩き灯台シリーズから派生した、
頭のお皿が花弁になった燭台、仮称『花足シリーズ』の第一弾が出来ました。
d0162505_15164260.jpg
従来どうり、ガラス花器や蝋燭を飾ることが出来ます。花だけに、華やかさが増しています。未塗装ですが。
半年前に作った夜歩き灯台シリーズと並べると、工作が緻密になっているのが少しうれしい(^^)
今後、蓮、桜と展開してゆく…かもしれません。
by zanmaitei | 2011-12-13 15:23 | Comments(0)

ペンシルスタンド

こんにちは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
今日の新作は書斎用の鉛筆立てです。
d0162505_14131610.jpg

重ねたコピー用紙の上に文鎮のように置いて、
浮かんだアイデアをささっと書き留めるような使い方が似合っていると思います。
どっしりとした鉄の安定感に、2Bの鉛筆の軽やかさが対比になっています。
鉛筆を立てる角度は自由です。自分に合った使い方を邪魔しません。
オイル焼きという仕上げをしてあるので、錆びにくく、鉄の風合いを目で楽しむことが出来ます。
けっこうお気に入りの作品が出来ました(^^)
by zanmaitei | 2011-12-12 14:23 | Comments(0)

小説

こんにちは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
最近、少し前に書き終えた趣味的な小説を、読みやすい活字でプリントアウト出来る様に
パソコンに打ち直す作業をしています。つまり、原稿はノートと万年筆です。
ノートはF・O・B COOPの肉厚の黒表紙、ペンはラミービスタのMです。
最初は黒のインクで書いていたのですが、途中からブルーブラックのインクに変えたようです。
ちょうど今日、その境目まで打ち直しが到達しました。分かりずらいですが、写真の*マークの
前と後がその境界線です。よく見るとインクの色が違うのが分かるでしょうか。
d0162505_10312391.jpg

だいたいここまでで6割です。冬の終わりまでには完成する予定です。
まあ完成してもどこかに発表する訳ではなく自分で読み返すだけですが。
趣味ってそういうものなのではないでしょうか。
by zanmaitei | 2011-12-11 10:35 | Comments(0)

鍛冶屋祭り

今日は鍛冶屋祭りなので一回休み。
d0162505_8552189.jpg

by zanmaitei | 2011-12-08 08:55 | Comments(0)

夜歩きシリーズ

こんにちは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
今週のテーマは、夜歩き灯台シリーズのリニューアルです。
スケッチがこちら。
d0162505_1354962.jpg

腕が上達した分、細部がやや精巧に。
頭のお皿部分は花弁をモチーフにアレンジしました。
早ければ今週末には一作目が出来上がるかもしれません。
待て、しかして希望せよ。
by zanmaitei | 2011-12-07 13:58 | Comments(0)

また変な夢を見た

おはようございます、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です、変な夢見ました。
d0162505_8593343.jpg


そこはあまり多くの人が訪れない森の中の集落で、原住人が規則正しく生活していた。
私はそこを訪れたのだった。
言葉はあまり通じない。宿を探していた。
指を指された方を見ると森の陰に、何か、巨大な壁のようなものがあった。
明らかに異質で、どうやらそこに人が泊まれるらしい。
原住民が身振りで注意する。
そこの丸太で組んだ足場の上を歩いていってくれ、
けっして目を合わせてはいけない。
ドアの前では注意しろ。
部屋はブリキで出来ている。
私は言われたように丸太のやぐらの上を歩いてそれに近づく。
その壁に見えたものは木の破片を組み立てたような表面をしていた。
森の陰を抜けた瞬間、そこに隠れていたものが何だか分かった。
大きな、赤い、目玉が、そこに。
その瞬間、強烈な眠気が襲ってきて私は意識を失った。

by zanmaitei | 2011-12-06 09:17 | Comments(0)

nogiさんより

こんばんは、あとりえ三昧亭の鍛冶屋、河上真琴です。
現在、展覧会をさせていただいているサロン・ド・ノギさんより
展示の様子の写真をいただきました。
d0162505_18375333.jpg
d0162505_18381346.jpg
d0162505_1838305.jpg

ブログって一度に一枚しか写真投稿できないと思ってました。
綺麗に展示していただいてうれしいです(^^)仕事がんばろっ。
by zanmaitei | 2011-12-05 18:42 | Comments(0)

燭台と三昧琴で、居心地のいい場所、安らかな時間をつくっています


by zanmaitei